車のタイヤがパンク!修理代は?どこで直してもらう?

  1. 車修理

車を運転していれば、誰もが突然タイヤのパンクに見舞われる可能性があります。
車を運転する前にパンクに気づいて修理をすれば大事に至ることはありません。

しかし、パンクしたまま車を走らせたり、走行中にパンクしてすぐに運転を中止しなければ、大事故を起こす可能性が高くなります。
いかなる状態でも、あらかじめ車がパンクしたときの対処法を知っておけば、慌ててパニックに陥ることはありません。
ここでは、愛車のタイヤがパンクした際の応急処置法と修理できる場所、そして気になる修理代の目安について紹介します。

車がパンクしたときの対処法・注意点

タイヤのパンクに気づくタイミングによって対処法は変わってきますが、いかなる場合もパンクを発見したらまずは冷静になることを心がけましょう。
初めてパンクに遭遇した場合は、ほとんどの方がどう対処していいか分からないものです。しっかりと修理方法を認識している方も少ないでしょう。
その状態で、下手に自力でパンクを修理しようと試みることは危険です。

スペアタイヤに交換する

愛車のタイヤのパンクに気づいて最初にすべきことは、スペアタイヤへの交換です。
どのような車にもスペアタイヤは装備されているので、同じく車両に装備されているジャッキや十字レンチなどを使用してスペアタイヤへ交換しましょう。

ロードサービスを利用する

スペアタイヤへの交換方法が分からない、スペアタイヤはあるけどそれもパンクしているなどの場合は、ロードサービスに応援を依頼しましょう。
ロードサービスであれば、簡易なパンク修理が可能。
そして自分が希望する修理場所までレッカー移動してもらうこともできます。

車がパンクしたときの注意点

車のパンクに気づいて絶対にしてはいけないのが、そのままの状態で走行することです。
「まだタイヤに空気が残っているから、少しくらいは大丈夫だろう」と、修理場所まで自力で車を走らせる方も少なくないようですが、パンクしたまま走行することはかなり危険です。
パンクした状態ではまっすぐ車を走らせることは困難で、事故を起こす確率が大幅にアップします。
たとえ事故は起こさなかったとしても、タイヤやホイールに負担をかけてしまいパンク修理代が高くなる可能性も。
また、車両自体にもダメージを与える可能性があります。

パンクの原因がガラスや釘などの場合、ついつい抜きたくなってしまいますが、そこは我慢してそのままの状態にしておきましょう。
パンクの原因を取り去ることにより修理箇所が分かりにくくなりますし、抜いたせいで空気の減りが早くなり、車に与える負担がより大きくなってしまいます。

車のタイヤパンク修理はガソリンスタンドが便利

ある程度車の運転経歴があり手先が器用な方であれば、自分でパンクの修理を行うことも可能です。
カーショップなどで販売されている修理キッドを利用すれば、自力でパンク修理をすることができます。

ただし、バーストしたタイヤなど、タイヤの状態によっては自力での修理が難しいケースもあります。
さらに、素人ではタイヤの状態を正しく把握できなくて、修理後安全運転に支障をきたすこともあります。
したがって、よほど車やタイヤに関する知識がない限りは、車のタイヤ修理はプロに任せることをおすすめします。

車のタイヤ修理ができる場所としては、カーディーラー、カー用品店、ガソリンスタンド、自動車整備工場などが挙げられます。
どこが一番ということはありませんが、ガソリンスタンドがもっとも見つけやすく、すぐに対応してもらえるというメリットがあります。

特に走行中にパンクに気づいた場合、車を購入したカーディーラーや普段利用している整備工場やカー用品店から遠いことも。
その点ガソリンスタンドなら、街中を走行していればわずかな距離を走行するだけで見つかり駆け込むことができます。

タイヤのパンク修理代の目安

ガソリンスタンドに駆け込んだ場合に気になるのがパンクの修理代ですが、基本的にはディーラー、カー用品店、自動車整備工用と比べて高額になることはありません。
もちろん、ガソリンスタンドによっても料金設定は異なりますが、それはその他の修理場所に持ち込んだ場合も同じことが言えます。

車のタイヤの修理代の目安は、釘やガラスが刺さった一般的なものであれば2,000円程度が目安となります。
本格的な内面修理が必要な場合は5,000円程度、より複雑な修理やタイヤサイズが大きくなれば、それ以上の費用がかかります。

まとめ

愛車のタイヤのパンクに気づいたときには、まずは冷静になって正しい状況判断をすることを心がけましょう。
基本的にはスペアタイヤに交換して、近くにガソリンスタンドなどの修理場所がある場合はすぐに駆け込みましょう。

タイヤがパンクをすればまっすぐ走行させることが難しくなり、大事故を起こす危険性が高まるため、絶対にパンク後の長距離運転は控えてください。
気になるタイヤの修理代は、簡易なものなら2,000円程度、複雑になると5,000円以上になることもあります。

関連記事

車のえくぼ修理を自分でするのは大変?

何かが車のボディにぶつかると、まるで頬にできる「えくぼ」のような凹みができることがあります。このえくぼ、整備工場で修理を行ってもらうと修理費用が高そうと感じますよね。…

  • 1012 view

車のシート修理はDIYできる?

車によく乗る方は、車のシートの傷みが気になっている方も少なくないのではないでしょうか。見ただけでは分からないので、気づいていない傷みもあるかもしれません。車の…

  • 736 view