車の塗装剥がれの修理料金は高い?自分で補修は可能?

  1. 車修理

車を利用していると、車のボディの塗装が剥がれていることに気づくこともあるのではないでしょうか。
車の塗装剥がれがどうして起こるのか、気づいたらどうしたら良いのか、修理する場合の費用の相場などを紹介します。

車の塗装剥がれの原因

車の塗装が剥がれる原因には、さまざまなことが挙げられますが、原因は一つではなく、いくつかのことが重なって起こっていると考えたほうが良いでしょう。

紫外線

よくいわれる原因の一つが紫外線です。
紫外線に長時間当たると、塗装が色あせて色ぼけを起こし「クリア層」と呼ばれる塗装表面がなくなることで傷がつきやすくなります。

水も大敵です。
水滴が付いている状態で直射日光を浴びると、水滴がレンズの役割を果たして直射日光が集中してしまい、車のボディにシミをつくります。
そのシミを放置すると、塗装の基礎となる部分まで直射日光で焼くことになってしまうのです。
水分に含まれるミネラル成分が水玉になったイオンデポジットなども悪影響なので、水滴が付着したままにしないように気をつけましょう。

錆と酸

ブレーキをかけるときに発生するブレーキダストなどの鉄粉は、車のボディに付着して酸化して錆の原因になります。
また、鳥の糞・樹液・虫の死骸などは強い酸を含むものが多く、車のボディに付着すると塗装を変色させて塗装剥がれの原因になります。
これらは、気づいたときに洗い流すことをおすすめします。

洗い流せず拭き取る場合は、鳥の糞は意外と危険なので、できればマスクをしたうえで手を触れないように気をつけながら拭き取りましょう。

経年劣化

経年劣化も一つの原因で、10年以上経過した車の塗装は一般的にダメージを受けやすくなります。
光沢がなくなってくるのが劣化のサインの一つなので、参考にしてみてください。

飛び石やホコリ

飛び石などで傷がつくチンピング、ホコリ・チリなどで小さな傷がつくスクラッチなども塗装剥がれに多い原因です。
前述のことが原因で傷んだ車のボディにこれらが重なると、塗装剥がれが余計に起こりやすくなります。

車の塗装剥がれをDIYで補修する方法

車の塗装剥がれは自分でも補修することができます。
自分で補修する場合に必要な道具は、カラーペイント・クリアーペイント・ボカシ剤・サンドペーパー・パテ・プライマー(塗料と下地を密着させる材料)・サーフェサー(塗料の発色を際立たせる材料)などです。
サンドペーパーはいろんな種類があるので、車のボディの傷み具合によって選んでください。

作業はまず、塗装面をすべて剥離させて下地を平らにします。
下地作業をおこなった後、プライマーとサーフェサーを下地が見えないようにそれぞれ数回重ね塗りし、乾燥させます。
乾燥したらカラーペイントを何回かに分けて塗装し、さらにクリアーペイントを重ねて最後にボカシ剤で馴染ませます。
乾燥の過程が多く、しっかり乾燥させることが大切でもあるので、晴れた日や湿度の低い日など、作業しやすい天気を選んでおこなうと良いでしょう。

タッチペンを利用した補修

塗装の補修に利用できる車専用のタッチペンというものがあり、種類も豊富です。
基本的には飛び石などによる小さな傷の補修に利用するもので、ペンタイプやクレヨンタイプなどがあります。
ペンタイプだと簡単で失敗することが少ないので、とても便利ですよ。
状況に合わせて上手く利用すると良いでしょう。

車の塗装剥がれの修理費用の相場

やはり修理費用は気になりますよね。
どのような状態かどんな車かなどにもよりますが、ある程度の相場はあります。

DIYで補修する場合

DIYで補修する方法について前述しましたが、この場合、補修に必要な道具を一通り購入すると5千円ほどになります。
しかし、状態に応じて必要なものが増えることもあるので、さらに費用がかかることも念頭に置いておく必要があるでしょう。

業者に修理を依頼する場合

まず作業工程を簡単に説明します。
車によって少々違いはありますが、研磨・パテ・マスキング・塗装・研磨・塗装・磨きという工程が一般的です。
業者では「紫外線パテ」というパテを使うことが多く、赤外線で熱を加えることで乾くスピードを調整できる利点があります。
塗装の際はスプレーガンを使用し、気温に合わせて乾くスピードを調整しています。

塗装を2・3回ほどおこなって、最後に磨いて馴染ませます。
気になる費用は、縦横10センチの範囲で2~3万円になります。
色などによって割高になるものもあるので、見積もりを出してもらうと良いでしょう。

まとめ

車の塗装剥がれは、自分で補修することも可能ですが、広範囲の補修の場合は塗料などを何度も塗り重ねたり、その度に乾燥させたりと作業も大変です。
失敗することもありますし、慣れないと綺麗に仕上がらない可能性も高くなるでしょう。

お金はかかりますが、プロに任せたほうが失敗することもありませんし、自分でやって失敗を繰り返すより安くなるかもしれません。
慣れていない方は無理に自分で補修せずに業者に相談することをおすすめします。

関連記事

車の板金修理とはどのようなもの?

車の板金修理とはどのようなもの?

車を事故などで損傷させてしまった時に行う修理「板金修理」をご存じでしょうか?「板金」とは、家電製品や建築資材など私たちの身の回りにあるものの部品を意味しています。…

  • 89 view