バンパーが割れた!修理費用はどれくらい?DIYで直せる?

  1. 車修理

バンパーはフロントでもリアでも、車をぶつけたときに真っ先に壊れやすい性質があるため、大切な愛車のバンパーが割れてお困りの方もたくさんいるのが現実です。

大きな衝突でなければバンパーが割れたくらいでは運転に支障がないため、そのまま長く放置しているドライバーさんもたくさんいます。

ここでは「バンパーが割れたときにはどうすべきか」「修理費用の相場はどれくらいなのか」「DIYでの修理ができるのか」などについて、詳しく調査し解説します。

バンパーの割れは早めに修理しよう

バンパーに限らず、車の傷はそこからダメージが広がりやすいため、早めの修理をおすすめします。

車によってバンパーの素材も異なりますが、金属の場合は放置しておくことで錆がどんどん広がりますし、いずれの場合も小さな傷でも時間の経過と共に傷も割れも大きくなってしまいます。
傷の状態が酷い場合や割れがかなり大きくなってくると、最悪バンパーが脱落し、そのせいで大事故を引き起こした事例も数多く報告されています。

また、車を装飾するためのエアロパーツを装備していて、それが割れている場合は地面に近く運転にも大きな支障を及ぼす可能性が高いことから、即修理が必須となります。
たとえ運転に支障がないとしても、フロントバンパーもリアバンパーも割れると外見上かなり目立つ部分であるため、見た目的にもできるだけ早めの修理をおすすめします。

バンパー割れの費用相場

エアロパーツを装備していて、そこに小さなひび割れが起きた程度であれば、業者に依頼しても数千円程度で済むこともあります。

ただし、エアロでも割れが10㎝以上ある場合には、1万円以上の費用がかかりますし、放置しておくと割れも大きくなって修理費用もより高額になります。
純正のバンパーが割れた場合は、割れの程度や修理をどこに依頼するかによっても修理費用は変わってきます。

依頼先としては、ディーラー、自動車修理工場、板金屋、カーショップ、ガソリンスタンド、中古車販売店などが挙げられます。

バンパーの割れの費用相場は、フロントバンパーがおおよそ3~6万円で、リアバンパーは5~7万円程度と少し割高となっています。

ただし、これはあくまでも目安の数字ですので、修理費用を抑えたいならなるべく多くの業者に問い合わせて、相見積りをとることをおすすめします。

バンパーを交換した場合の費用相場

いろいろな業者から見積りをとって、金額が5万円を大きく超える場合や、割れの程度が酷いなら、修理ではなく交換した方がよいケースもあります。

なぜなら、バンパーを交換したときの費用相場がフロントで5~8万円、リアでも8~10万円程度だからです。
そうでなくてもバンパーの割れが大きい場合は、修理よりも交換をすすめられますし、その場合は素人でも修理は無理だと容易に判断しやすくなっています。

バンパーの交換が必要になる場合は、作業時間はそれほど長くかかりませんが、大抵は取り寄せとなり、長いと1~2週間ほどかかってしまいます。

内部まで損傷している場合は車の買い替えも考えよう

バンパーが大きく割れるほどの衝撃が加わった車は、見た目には分からなくても内部も損傷していることも考えられます。

運転に支障があって車の性能にも影響があれば、新しい車に乗り換えた方がいいケースもあります。
そのまま運転を続けていれば快適な走行ができないばかりか、他の部分にも悪影響を及ぼし、長い目でみると多額の修理費用がかかって、新車を購入した方がお得だったということにもなりかねません。

バンパーの割れはDIYでも修理が可能

バンパーの割れをDIYで修理できるかどうかの答えは、ごくごく軽度な割れなら可能です。

DIYでバンパーの割れを修理する方法には、補修テープ、バンパーパテもしくは専用の補修材の使用などがあります。

ただし、補修テープの場合はそれ自体がかなり目立ちますし、あくまでも応急処置として用いられるものだと理解したうえで利用しましょう。

DIYによるバンパーの修理方法と注意点

バンパーの割れを修理するには、まずはバンパーを車体から取り外して、全体の汚れをキレイに取り去ることからはじめましょう。

このときに強く磨きすぎると割れが酷くなる場合もあるので、その点には十分に注意してください。
汚れを落としてパテや補修材を塗って割れを固定して、自然乾燥させましょう。

自然乾燥が必要なので、雨の日よりも晴れた日に作業を行うことをおすすめします。
乾燥が終わったらやすりで表面を削り、必要に応じて塗装を行い、元通りにバンパーを取り付ければ完了です。

まとめ

愛車のバンパーに割れが入ったら、割れの広がりを抑えるためにも、大事故を予防するためにも、できるだけ早めに修理を行いましょう。
バンパーの割れは、ごく軽度なものならDIYでも修理が可能です。

また、そうすることで業者に依頼するより大幅に費用を抑えることができます。
業者に依頼した場合のバンパーの割れの修理費用は3~7万程度で、交換が必要になると10万円以上になることもあります。

ただし、ディーラーや自動車修理工場などのプロに依頼した方が、見栄えも確実によくなり、その後の走行に関する不安も払拭できます。

関連記事

車の傷修理はコンパウンドで大丈夫?

車を長く運転していれば、たとえ交通事故を起こしていなくても、愛車には細かい傷がたくさんついてしまいます。小石や猫などの動物によるひっかき傷、洗車の際に目の粗いタイルで…

  • 14 view

傷消しは簡単?効果的な方法とは?

車に頻繁にワックスをかけたりコーティングを施したりしていても、走行中の飛び石や洗車によって、細かい傷はどうしてもついてしまいます。致命的な傷であれば、自分でどうにかし…

  • 25 view