車のフロントガラスの修理は必要?応急処置法や修理代をチェック

  1. 車修理

車を所有していたり、車の運転をする機会の多かったりする方なら、車に傷がついたときのことが気になるのではないでしょうか。
この記事では、車のフロントガラスの傷の修理について、修理の必要性や修理代の相場などについて解説していきます。

なぜ車のフロントガラスの修理が必要なのか

車のフロントガラスに、さまざまな原因で傷ができてしまうことがあります。
しかし、車のフロントガラスは2枚のガラスを重ね合わせてあるので、ある程度の強度があり、少しの衝撃での小さな傷なら、すぐにヒビが広がったり、割れてしまったりしないようになっています。
そのため、小さな傷で運転に支障がなければ走行することが可能です。

しかし、視界の妨げになっていない場合でも注意すべきことがあります。
例えば、貫通している場合や傷が深い場合、傷がフロントガラスの端に近い部分にできた場合などです。
これらの傷は走行時の走行時の振動や空気抵抗、温度差、風圧によって傷が広がりやすいのです。
たとえ小さな傷と思っても、さまざまな理由で傷が一気に広がってしまう可能性があるので、油断できません。
傷が広がってしまうと、修理代などがかさんだり、修理では対応できずフロントガラスの交換が必要になったりする可能性も。

また、フロントガラスが割れた状態で車に乗り続けることは、道路交通法違反にもなるので、適切なタイミングで適切な修理をおこないましょう。

フロントガラスのヒビの主な原因は飛び石

車のフロントガラスにヒビなどができる原因として多いのが、走行中に飛び石がガラスに当たることです。
もちろん、石以外にも、強風などで飛んできたものがフロントガラスに当たることもあります。
車のガラスの中でもフロントガラスは、破損すると運転に支障が出るケースも多くなるので注意しましょう。

修理までにできる応急処置法

飛び石などによって傷やヒビができた場合の応急処置としては、シールなどを貼っておくという方法があります。
車のガラス用のシールがありますので、そのようなものを使用すると良いでしょう。

前述のように車のフロントガラスは2枚のガラスを重ね合わせた構造になっているので、シールを貼る際は2枚のガラスの内側にゴミが入らないように注意して上側から貼ってください。
その他の対処法としては、レジンなどを使用してリペアするといったことも可能です。

車のフロントガラスの修理代の相場

前述のように、フロントガラスの傷が小さければ、すぐに修理せずに走行し続けることもできますが、傷が広がる可能性も低くないので、できるだけ速やかに修理等をおこなうことをおすすめします。
目安として、500円玉以上の大きさの傷であればガラス全体の交換が必要になりますので覚えておくと良いでしょう。

自分で修理する場合

自分で修理する場合、基本的には応急処置レベルが限界となるので、応急処置の費用をみておきたいと思います。
シールを貼る場合は、市販の商品の価格で考えると約500円、レジンなどを使用してリペアする場合は、リペアキットが600円から3000円ほどで売られています。
高くても3000円前後で「とりあえず穴を塞いでおく」といったことは可能ということになります。

業者に依頼する場合

業者に修理を依頼した場合のフロントガラスの修理費用は主にガラスリペアにかかる技術料で、フロントガラス交換の場合はフロントガラス自体の代金に交換費用を加えた金額となります。
修理代は当然ながら業者によって異なりますが、ある程度の相場はあります。
穴の修理の場合は、1カ所当たりが1万5千円から2万円前後です。
穴の直径が1.5センチ以内でないと修理はできません。
傷がこれ以上の大きさの場合はフロントガラスを交換することになります。

傷がフロントガラスの端に近い場合は、修理方法の都合上、修理できないこともあるので注意が必要です。
基本的にはガラス上部4センチ、左右4センチ、下部8センチの傷は修理が難しいとされています。
もちろん、この場合もフロントガラスの交換となります。
また、ヒビが深かったたり、ガラスエッジから10から20センチの場所に傷ができていたりする場合は、傷が広がりやすい状態なのでフロントガラスの早めの交換が必要となります。

フロントガラスを交換する場合は、車種などによってガラスの種類が異なるので金額も違いますが、特殊な車種やUVカットガラス・断熱ガラスなどの高性能なフロントガラスでなければ高くても10万円前後です。
ある程度まとまったお金が必要となりますが、自動車保険で対応可能な場合もあるので、加入している自動車保険のプランなどを確認してみましょう。

車のフロントガラスの傷の修理は、自分ですることも可能ですが素人が完璧におこなうことは難しいのが実状です。
また、どの程度の処置が必要なのかの判断も簡単ではありません。
運転中の安全のためにも、修理はプロである業者に依頼しましょう。
判断に悩んだときも、相談してみるほうが良いでしょう。

関連記事

車のシート修理はDIYできる?

車によく乗る方は、車のシートの傷みが気になっている方も少なくないのではないでしょうか。見ただけでは分からないので、気づいていない傷みもあるかもしれません。車の…

  • 1757 view

車の修理期間はどれくらい?

車には必ず寿命がありますが、メンテナンスや修理を繰り返すことにより長持ちさせることができます。単純に車が故障した場合はすぐに修理に出せばいいのですが、毎日車を運転して…

  • 44 view