車の塗装は劣化する!劣化防止や復活の方法は?

  1. 未分類

新車で購入したマイカーは、艶があるピカピカ状態で納品されますが、長く乗り続けるほど塗装の艶は失われていき、色あせも進んでいきます。
車に関する技術は年々進化し、塗装も例外ではありません。
ひと昔前に比べると格段に品質も上がって、劣化もしにくくなっています。
しかし、今のところ塗装が劣化しない技術はなく、残念ながら車の塗装は年を重ねるたびに確実に劣化が進んでいきます。
ここでは車の塗装が劣化する原因と、それを防止・復活するための対策や方法を紹介します。

車の塗装が劣化する原因

太陽
車の塗装を劣化させる一番の原因には紫外線が挙げられます。
どんな車にも必ず塗装が施されていて、塗装されたボディに紫外線が当たると、塗装の元である樹脂の分子結合を破壊し、どんどん艶が失われて劣化が進んでいきます。
紫外線以外にも、走行中は常に大気中のホコリや塵や排気ガスにされられていて、それも塗装の劣化を進める原因となります。

また、ボンネットやルーフに落下してくる鳥の糞や、木から落下してきた果実なども、それらに含まれている酸が塗装にダメージを与えます。
車についた泥や粉塵などを放置することも塗装に悪影響を及ぼし、酸化を起こすことで塗装の剥がれにつながります。

車の塗装を劣化から守る対策

車の塗装の劣化は避けられず、購入してから10年も経過すれば色あせも目立ってきます。
ただし走行中についた汚れをこまめに取り除いて、定期的に洗車をすることにより、泥や粉塵や鳥の糞などが影響して起きる酸化は防止することができます。
ここでは、車の塗装の劣化の一番の原因になる紫外線から車を守る対策を紹介します。

屋根付き車庫を利用する

ガレージ
走行中は紫外線から車体をカバーすることはできませんが、車は使用していない時間の方が長いため、屋根付きの車庫を利用することが最大の対策となります。
青空駐車場を利用している方は屋内の駐車場に切り替えて、自宅に車庫がない方はカーポートなら比較的に安価で対策できます。

シートカバーを利用する

金銭的な事情も含めて、屋根付きの車庫を利用できない場合は、シートカバーの利用をおすすめします。
毎回シートカバーをかけなくても、その日の終わりや長期間車に乗らない間に使用するだけでも、かなり高い効果を期待できます。

車体をコーディングする

コーティング
こまめにワックスをかけたり、コーティングをしたりすることでも塗装の劣化の予防効果があります。
さらにそれらには汚れや水滴をつきにくくする効果もあるため、二重、三重の効果を得られます。
実は車につく水滴も塗装には大敵です。
洗車した時などもきちんと拭きとらないと、水滴がレンズの役目を果たし、虫眼鏡と同じ効果で塗装を焼き付けてしまい劣化を早める原因となってしまいます。

大掛かりな補修が必要になる前に早めに対策しよう

車の艶がなくなり色あせが目立ってきても「年数が経っているのだから仕方ない」と、車の劣化や汚れを放置している方も少なくありません。
しかし、車に大きなダメージはなくても、飛び石などの飛来物などで細かい傷が多数ついています。
また、車に砂や塵がついている状態で車体を拭いてしまい、細かい傷があることも多いです。
そのため、目立たない塗装の剥がれが起きているケースがあります。
車には何層もの塗装が重ね塗りされていますが、年数が経つごとに傷が原因でボディそのものがむき出しの状態になってしまうことがあります。
そうなると、部分的にボディが酸化して錆びつき、塗装の内側で錆が広がって、大掛かりな補修が必要になってしまうこともあります。
そうなってしまうと高額な修理費がかかるため、剥がれや錆を発見した時には、その範囲が広くなくても早めに対策することが大切です。

劣化した車の塗装を復活させるためには板金塗装店を利用しよう

まだ購入してからそれほど年数が経っていないのであれば、ディーラーやガソリンスタンドなどで車のコーティングをしてもらうことで、劣化した塗装の艶をよみがえさせることは可能です。
しかし、色あせが進んでしまい内側に錆びつきが広がってしまった車は、塗装を復活させるためには板金塗装を行うのがベストな選択肢です。
ワックスやコーティングであればセルフで行うことも可能ですが、塗装は板金塗装店などのプロに任せましょう。
なぜなら、すでに色あせしてしまった車を再塗装するためには、高い技術力が必要となるからです。
車には1台1台異なるカラーナンバーがあり、そのデータを元にして色をつくらなければいけません。
車の色が白や黒でも、車種や年式によっても色には違いがあり、色あせなどの微妙な色の違いを見極めて、車に合った色に調合して微調整を繰り返さなければいけません。
「部分塗装なら素人でもできる」と勘違いする方も多いようですが、全体塗装よりも高い技術を要するため、安易に手を出さないことをおすすめします。

まとめ

車の塗装が劣化する一番の原因になるのは紫外線です。
したがって、屋根付きの車庫を利用したり、シートカバーで劣化を予防したりすることができます。
しかし、大気中のホコリや塵や排気ガスや鳥の糞や飛来物など、その他にも車の塗装を劣化させる原因はたくさんあって、完璧に防ぐ方法は残念ながらありません。
日頃から劣化対策をしていない車は劣化スピードが速くなり、気が付いた時には修繕のために高額な費用がかかることになるケースも少なくありません。
塗装の劣化を復活させるには板金塗装店を利用することが最善策で、そうすることで再び新車の艶と輝きと取り戻すことが可能となります。

関連記事

新車は完璧な状態ではない?

新車の塗膜は完璧か否か?ボディ表面の状態は?こんな疑問ををいただいたことがありませんか?「新車なのにコーティングするんですか?」と。これをお読みくださっている方の中にも納…

  • 133 view
車の塗装の仕方は?DIYでも可能?

車の塗装の仕方は?DIYでも可能?

カーテクノロジーは年々進化を遂げていて、それは自動車の塗装技術にも当てはまります。ひと昔前では出すことができなかった色合いの車も増えていて、塗装が簡単に剥がれてしまう…

  • 179 view